上野東照宮とは
about_photo

上野東照宮

photo

1616年、2月4日、お見舞いのために駿府城にいた藤堂高虎と天海僧正は、危篤の家康公の病床に招かれ、三人一つ所に末永く魂鎮まるところを作ってほしいという遺言を受けました。そこで藤堂家の屋敷地であった上野に1627年に東照宮を造営しました。

1646年には正式に東照宮の宮号を授けられました。

1651年に三代将軍・徳川家光公が大規模に造営替えをしたものが、現存する社殿です。金箔をふんだんに使い、大変豪華であったことから「金色殿」とも呼ばれています。 当時は東叡山寛永寺の一部でしたが、戦後神仏分離令により寛永寺から独立しました。 その後、戦争や震災などの災厄に一度も倒れることなく、江戸の面影をそのまま現在に残す、貴重な文化財建造物です。

東照宮とは、徳川家康公(東照大権現)を神様としてお祀りする神社です。日光東照宮、久能山東照宮が有名ですが、全国各地に数多くございます。 そのため、他の東照宮と区別するため上野東照宮と呼ばれておりますが、正式名称は東照宮でございます。

春はぼたん・桜の名所として、秋は紅葉狩り、お正月は初詣や冬ぼたん鑑賞の方で大変賑わい、開運・学業などの祈願成就を願う方が後を絶ちません。 また、本格的な江戸建築を間近でご覧になれる神社として、この頃は外国人観光客も多く見られます。 かつて江戸市民の家康公への信仰の対象であったこのお宮も、信仰や参拝の内容は変わりながら、今もなお多くの方に心の安らぎを与えていることは変わりないようでございます。

御祭神:徳川家康公 徳川吉宗公 徳川慶喜公